リルリルフェアリル~妖精のドア~ 第5話「すみれと雨と古い手紙」「マッシュシスターズは恥ずかしがりや」感想

今回は友人同士のいざこざ&接客業と、ちょっと重め…と思いきや最後は一件落着だった5話の感想です。

129.jpg
すみれは程よく雨を好む花、ひまわりは太陽が好きな夏の花(私の中のイメージですが)。
すみれちゃんとひまわりちゃん、友達だけど好む環境は結構正反対かもしれない?
行ってみたい場所がある、とりっぷちゃんとひまわりちゃんを誘うすみれちゃん。
でも、途中でずぶ濡れになってしまい、ひまわりちゃんとすみれちゃん険悪ムード。
そんな中、りっぷちゃんが魔法で、音符出したり音楽鳴らしたりして、雨の散歩が楽しくなるようにと頑張ってました。たまにはやりますねりっぷちゃん。
その直後急に雨雲が消え去ったが、さすがに雲の動きが急杉! リトルフェアリルの気候は、いつもこんな感じなんだろーか。
雨上がりの虹の橋を見せたくて、雨の散歩に誘ったすみれちゃん。
虹の橋の綺麗さと、すみれちゃん&ひまわりちゃんのお互いの素直さに、誤解が解けて仲直り。
良かったのう良かったのう。
ここ最近、虹なんて見てなけど…どのタイミングで見られるんだろうか、虹って。
りっぷちゃんたちみたいに、たまには見てみたいかも。

130.jpg
後半は、マッシュシスターズのカフェのお話。
「い、いらっしゃいませ…せーの… マッシュシスターズのマッシュカフェへようこそ…」
テンション低いせいかお客さんが全然来ないらしい。
マッシュシスターズ3人ともおしゃべり苦手とのこと。
接客業でそれは致命的じゃなかろうか…。
しかし料理やケーキの味や盛り付け、食器の後片付けの速さ、キッチン仕事は一流。
なら適任者をバイトで雇えば解決、と言いたいが…
リトルフェアリルにはお金って概念はないよな、多分。

131.jpg
とりあえず来客率を上げるため、チラシを配るのを提案して手伝うりっぷちゃんら3人。
りっぷちゃんらはいつものテンションでチラシ配り。
チラシを受け取ってくれるなんて、優しい世界ですね…。
駅前のチラシ配りなんて、受け取ってくれる人のほうが珍しいですし。
マッシュシスターズも一緒にチラシ配りしてるのはいいが、まともに言葉を発せてない…
こいつらもしかしてコミュ障なんじゃ
好意的にチラシを受け取ってくれて、興味を持ってくれたクラスメイト達。
質問攻めにあってますます挙動不審になるマッシュシスターズ。

132.jpg
「のこちゃん達、困ってる。私たちがチラシ作ったせいなの? そんな…困らせるつもりなかったのに…」
と責任感じるりっぷちゃん。
いや、りっぷちゃんは無実だと思うんですが。
マッシュシスターズはカフェの集客率上げたいわけだし、それに一番効果あるのは宣伝だし(なんか商売人くさい考え方になってしまってますが)
りっぷちゃんが魔法を使ったとたん、マッシュシスターズが急に多弁に。
何かヤクでも盛ったんじゃ、と思ったら自分の生まれ故郷の方言交じりで話すのが恥ずかしかっただけ、とのこと。
本当の自分たちを知ってもらったのがきっかけとなり、ますますクラスメイトと仲良くなりマッシュカフェも繁盛。
さっきまでと比べると違和感ありまくりのマッシュシスターズだけど良かった良かった。
ところでこの世界、喫茶店の飲食の対価はあるのだろうか?
ついつい人間の世界と比べてしまいます。

リルリルフェアリル シールコレクションvol.1 【税込】 セガトイズ [リルリルフェアリルシールコレクション1]【返品種別B】【RCP】

価格:300円
(2016/4/10 20:28時点)
感想(0件)




この記事へのコメント