【DB考察】ナメック星編・もしあのときこう選択していればどうなったか? その8

ネタが無い時に助かっている、「フリーザ軍の皆様が、ここでこう選択していれば良かったのでは? 又はこうだったらその先どうなったか?」の、「たられば」シリーズの続きになります。

【その8】
もし、グルドさん(アニメ限定)の「俺に(ベジータと)やらせてくれ! 奴には借りがあるんだ!!」の私怨をギニューさんが聞いてくれていたら、どうなっていたか?

アニメオリジナルで、グルドさんとベジータさんは、ベジータさんがフリーザ軍にいた頃から仲が悪かったという回想がありました。
こういうフリーザ軍内のオリジナル話が、私は大好物でしたが。
そこで、もしこの進言が聞き届けられて、グルドさんVSベジータさんのサシでの戦いとなったら、グルドさんに勝機はあったんでしょうかどっちに軍配が上がっていたんでしょうか?

・グルドさんもベジータさんも、お互いの技の概要は知っている
・この頃の戦闘力は多分、ベジータさんは30000~35000、グルドさんは10000強(ただし超能力あり)
・グルドさんが速攻で金縛りの術を決めればグルドさんの勝ち、金縛りの術にかかる前に超スピードでグルドさんに近づきエネルギー波が決まればベジータさんの勝ち。瞬時に明暗は分かれる勝負。
・ただ、グルドさんの金縛りの術は「きえええーーーーっ!!!!」の一瞬の溜めががいるので、ベジータさんのスピードを考えるとグルドさんは分が悪い可能性が高い…。
・さらにグルドさんはスカウターが装備できないので、もし別戦法でベジータさんが気配を消しつつ超スピードでヒット&アウェイ(グルドさん相手に真正面から戦うのは危険な認識がベジータさんにはあったので)を繰り返したら、動きをとらえることができず金縛りの術もかけられない
・グルドさんがタイムストップを駆使しても、その間の効果的な攻撃方法が無さそうなので、逆に息切れしてタイムストップが解けた瞬間にベジータさんに殺されそう

う~ん、なるべくグルドさんの肩をもちつつ展開を推測してみましたが、グルドさんがこの頃のベジータさんに勝つ展開が思いつかない…(;゚Д゚)
この進言をギニューさんにした際、グルドさんには何か必勝案があったんでしょうか?
過去、戦闘力18000以下頃のベジータさんにうまく金縛りの術をかけたことがあり、そのとき同様にうまくいくと考えていたとか…?
単に「ベジータ憎し」の感情や根拠の無い自信だけで言ってるとしたら、無謀な馬鹿としか言えずフォローの仕様がなくなってしまうんですがw

全国のグルドさんファンの皆様すいません、私の頭ではグルドさんをうまくフォローできませんでした!!
それとフリーザ軍も、グルドさんはフリーザ軍でNo.10以内に入る大幹部(多分)なんだから、グルドさん専用のスカウターくらい作ってあげてくれよ!!






この記事へのコメント